MENU

投資記事一覧

株も、投資信託も、このところリスク回避で資金を回す人が減っているようです。やはりサブプライムローンの影響によるショックが大きかったようで、安全志向になっているようです。人気の高かった団塊世代向け投資信託セミナーもたぶん・・・。まっ後期高齢者医療保険問題や物価高で、積極的資産運用というよりも、退職金をできるだけ間もろうという意識に団塊世代も変わってしまったようにみえます。ただ、資産運用のチャンスとい...

数万円からでも投資できる、FXが人気になっています。リスクは高いので、余裕資金の大半は国債や、投資信託に回して、数%をリスクの高いFXに投資してみるというのもいいと思います。資産の形成には、リスクマネーも必要でしょう。また自分でホームトレードする事によって、世界の経済情勢についても学ぶきっかけになるでしょう。ところで、FXというのは、外国為替証拠金取引のことをいいます。略してFXと呼んでいるのです...

公社債投資は比較的ローリスクのため、安全な資産を運用の部類にはいると考えられますが、果たしてそのシキミを知って利用しているという人はどれぐらいいるでしょうか?個人の場合は、普通は投資信託になっているものへの投資になると思いますので公社債投資信託という形で資産運用の1つとして、利用している事が多いと思います。公社債投資信託がどんなものか、その概要は知っているに越したことはありませんが、重要なのは、ロ...

広々とした国土とたくさんの働き盛りの人口、豊富な天然資源を持ち、高い経済成長を続ける「BRICs(ブリックス)」。「BRICs」とは、ブラジル、ロシア、インド、中国の4か国をまとめて指す造語です。なかでもインド経済は、急成長するIT産業が牽引車となって急成長を遂げ、世界中から熱い注目を浴びています。最近テロにあいましたが、民主主義で政治的に安定しているという点や、若年層の労働人口が多いことなどから...

証券CFD、と一言で言われても、またそれがポストFXだと言われても、いまひとつピンと来ない人も多いかと思います。実際、どういった点に特徴がある金融商品なのかがわからなければ、試しに購入してみよう、口座を作ってみようという気にはなれないでしょう。そこで、ここからは証券CFDの特徴について、いくつか述べていきたいと思います。まず、証券CFDの最大の特徴は、取り扱われているほとんどがレバレッジ商品である...

今年は猛暑になるそうです。燃料高で、電気代も高いのに、エアコンは控えめにしなければならないという昨今・・・酷暑、猛暑はかなりきつそうですね。ま、それはさておき、厚い夏はもう一つ気おつけ無ければならないことがあります。それは、PCの故障です。PCの故障といっても、熱でやられるのは、人間でたとえるのならば、大脳であるHDD故障です。

サブプライムローン問題の余波はなかなか消えませんね。世界的な景気減速、新興国も株価が下落しています。あれだけ勢いのあった中国やベトナムも株価がかなり下がっています。ま下がっている時が買い時といえるのですが、日本も景気減速感で、人々の投資意欲も下がっていて、投資信託などへの資金流入もほそっているようです。物価高、給与減少でダブルパンチな家計の悩みをかかえている人も多くなっていますが・・・家計の悩み相...