CDFは証券のFXのようなもの?

証券CFD、と一言で言われても、またそれがポストFXだと言われても、いまひとつピンと来ない人も多いかと思います。

実際、どういった点に特徴がある金融商品なのかがわからなければ、試しに購入してみよう、口座を作ってみようという気にはなれないでしょう。

そこで、ここからは証券CFDの特徴について、いくつか述べていきたいと思います。

まず、証券CFDの最大の特徴は、取り扱われているほとんどがレバレッジ商品である事です。
レバレッジ商品とは、信用取引など、自己資本以上の投資を行って購入する商品です。
つまり、自分の予算がそれほどなくても、取引が可能というわけです。

よって、証券CFDにおける取引は、小額の資金しかなくても十分行えます。

ただ、これは大きな特徴であると共に、大きな長所にも短所にもなりえます。
手持ちが少なくても、高額の取引ができる反面、大きなマイナスになってしまった場合は問答無用で借金を背負う事になります。

持ち合わせ以上のマイナスが発生する可能性を秘めているわけです。
よって、よりハイリスクハイリターンといえます。

ただ、レバレッジ商品は、ロスカットさえしっかり行う事ができれば、そこまで大きな損害を被るケースには発展しません。

自己管理ができるかどうかが重要という事です。
そういう意味では、証券CFDは経験者向けの金融商品といえるかもしれませんね。

株式投資などの資産運用を行っている人にとって、不況、日経平均の下落は最大の敵といえるでしょう。
しかしながら、それを利用して設ける方法もあります。
それが、空売りと呼ばれるものです。

空売りとは、現在は持っていない株を売る事からそう呼ばれています。
と、こう書くと何に事やらさっぱりですよね。
しっかりご説明します。

まず、空売りの流れについてご説明しましょう。
空売りを行うには、証券会社から株を借りるという方法を取ります。
つまり、自分でその銘柄の株を買うのではなく、証券会社から株を借りるのです。
その際、当然株価はそのときの株価ですので、たとえばそれが一株10,000円だった場合、一株証券会社から借りた場合、10,000円で売却できます。
この借りた株を売るという行為が、空売りと呼ばれるものです。

人様から借りたものをなんで売るのか、とお思いでしょうが、これはルールとして許されている行為です。
そして、この空売りでどうすれば投資家が儲かるのかというと、空売りして得た10,000円で、同じ株を安く買うのです。

たとえば、その株がその後9,000円に値下げしたとします。その場合、この株を一株9,000円で購入し、証券会社に返すのです。

すると、10,000円で売った株を9,000円で買ったので、1,000円お得ですよね。これが、空売りの利益になります。つまり、株価が下がる事で利益が出るわけです。

この空売りを、証券CFDでは行う事ができます。これが、証券CFDの特徴のひとつです。
仮に不況であっても、お金を稼げるのが証券CFDということです。

関連ページ

投資で資産形成と貯蓄を殖やす。
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
少ない資金で、初心者でもできるFXとは
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
公社債投資で低リスク資産運用
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
インド株とベトナム株の投資
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
PCでのマネー管理はHDD(ハードディスク)故障に注意
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
生活防衛と貯蓄、家計の悩み相談は専門家に
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。