公社債投資で低リスク資産運用

公社債投資は比較的ローリスクのため、安全な資産を運用の部類にはいると考えられますが、果たしてそのシキミを知って利用しているという人はどれぐらいいるでしょうか?

個人の場合は、普通は投資信託になっているものへの投資になると思いますので公社債投資信託という形で資産運用の1つとして、利用している事が多いと思います。

公社債投資信託がどんなものか、その概要は知っているに越したことはありませんが、重要なのは、ローリスクであるけれど、ノーリスクでは無いと言うことです。

最悪の場合、半分以下の価値になってしまうことだって、まったくないという訳ではなく、確率論の話であるわけです。

いちおう仕組みは知らなくとも、投資はできますが、公社債投資信託の仕組みについて知識としてどのようなものかを知っておけば、値下がりしたときの理由もわかり、手放すか、持っているべきかというときの判断ができるのでは無いかと思います。

公社債投資信託は、投資信託に預けられた資金を国債や社債に投資するもので、国債や社債の信用度にもよりますが、値動きの激しい株や商品と違って、変動がすくないので、安心してみていられるというものです。

国債や社債ですから、国が破綻しなければ0になることはないですし、社債も会社が破綻しなければ問題ありません。

もっともどんな会社の社債であるかは、問題ですよね。

やはり信用のある会社の社債を購入するのが基本で、大手の上場企業で健全な財務内容の会社の社債に分散して投資するのが普通です。

そのため、公社債投資信託は投資信託の商品の中でも、リスクの低い投資信託だとされています。

公社債投資信託は銀行や郵便局などで気軽に買うことができるため、あまりリスクを感じずに、あまり投資にリスクを求めないひとが気軽に買っているので、販売額は増えているようです。

まの、いつでも、月々一万円程度から購入する事ができるので、気軽という点でも人気があるのだと思います。

定期預金などにあずけるよりもずっとお得だという感覚であまりリスクについて意識していない場合も多いようです。

老後資金のためなど長期的な資産運用にいいとおもいます。

ただここで述べたのは、国内の公社債投資信託であって、海外の国債や社債などにも投資するタイプは、かなりリスクが高くなってきます。

国債や、社債という面では一緒なのですが為替のリスクがかなりありますので、その点注意が必要です。

関連ページ

投資で資産形成と貯蓄を殖やす。
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
少ない資金で、初心者でもできるFXとは
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
インド株とベトナム株の投資
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
CDFは証券のFXのようなもの?
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
PCでのマネー管理はHDD(ハードディスク)故障に注意
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。
生活防衛と貯蓄、家計の悩み相談は専門家に
お金を借り、返す、貯めるなどお金に資産、貯蓄、ローンなどに関する役立つ知識やニュースをまとめています。